IPv6 でのログイン不具合と対応方法

2018-12-25

「すぐ使えるCMS」の機能で管理画面のアクセス制限をしている際に、アクセスする側の端末(パソコン、スマホなど)が IPv6 を採用していると管理画面にアクセスできなくなる不具合がある事が分かりましたのでご案内します。

現象の詳細

問題の起こる設定

「すぐ使えるCMS」のアクセス制限機能(管理画面パスワード設定)を使って管理画面へのアクセス制限をしている場合にこの問題が起こります。

具体的な現象

ユーザ名とパスワードを入力してログインすると管理画面一覧が表示されますが、「編集」ボタンや「削除」ボタン、「新規作成」ボタン、「再構築」ボタンを押すなど、管理画面の操作をしようとすると再度ログイン画面が表示されます。

直接の原因

「すぐ使えるCMS」のアクセス制限機能の、IPv6 への対応が充分でない事が原因です。

補足

  • IPv6 でも問題の起きない場合もあります。
  • 問題となるのは、管理画面にアクセスする端末側(パソコンやスマホ)が IPv6 を使用している点で、管理画面を設置したサーバが IPv6 を採用しているか IPv4 を採用しているかとは無関係です。

当面の対応方法

対応バージョンの公開まで、以下のいずれかの方法をご検討下さい。

選択肢1:Basic認証を使う

「すぐ使えるCMS」のアクセス制限機能を解除して、サーバのBasic認証機能を使って下さい。

「Basic 認証 / Digest 認証とは何ですか?」

選択肢2:IPv6を使わない

管理画面にアクセスする際、IPv4 を採用している端末を使って下さい。

ご不便をお掛けいたしますがどうぞよろしくお願い申し上げます。